ひだ整形外科

品川区小山台の整形外科,リウマチ科,リハビリテーション科 ひだ整形外科

〒142-0061 東京都品川区小山台1-21-15
ロイヤルガーデン武蔵小山102
TEL 03-3760-3454

※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

膝の水を抜くと癖になる??

膝の水を抜くと癖になる??

なぜか昔からよく言わますが本当でしょうか?もともと関節の中には関節液という液体が少し入っており、潤滑油の役割をしています。しかし、何らかのトラブルで関節の中に炎症が起きるとこの関節液が異常に増えてきます。“水が貯まった”というのはこの状態のことです。原因としては御高齢に伴う軟骨の変化による炎症、半月板といって大腿骨と脛骨の間に介在しているクッションのような軟骨が壊れてきた場合などに起こります。何らかの炎症の結果水が貯まるということです。
関節の袋がはちきれそうになるほど貯まってくるととそれだけでも痛んで歩きにくいので、関節の水を抜くと同時に、通常炎症を抑える薬を注入します。しかし水を抜いても関節の炎症そのものがすぐに治まるわけではないので、しばらくするとまた貯まり、繰り返すことがあります。このような経験のある方が、抜くとまた貯まるのだとお感じになったと思われます。抜いたから癖になってまた貯まったというわけではありませんのでご安心ください。